肥田瞬太郎さん講演会 (足利市)  6/9(日)

【広島原爆から被爆者の治療に当たっている96歳の医師】
[講演会]肥田舜太郎さんに聞く
ー内部被ばくと甲状腺異常ー
日時■6月9日(日)午後1時30分開場
会場■足利市民会館103会議室
入場料■1000円 (定員に限りがあるので要予約)
問い合わせ■Jazzオーネット[電話0284-42-5389]
         午後6~12時/月曜定休(チケットはオーネットで販売)

         昼間(嶋田080-5645-9604)

 

なんと『核の傷―肥田舜太郎医師と内部被曝』のフランス人監督
マーク・プティジャンさんが来日中で、この講演会にも参加します!!


チラシ 肥田瞬太郎さん講演会in足利
肥田舜太郎講演会改訂.pdf
PDFファイル 128.3 KB

石塚 健氏(内科医)講演会のお知らせ

5月12日(日)13:30~若葉コミュ二ティルーム(埼玉県鶴ヶ島市)
5月16日(木)19:15~子育て支援センターつめくさ(佐野市の風の子保育園)

「放射能による健康被害」の学習会
 IAEA(国際原子力機関)やICRP(国際放射線防護委員会)などの国際機関は、チェルノブイリ原発事故による健康被害を過小評価してきました。

 日本政府は、福島原発事故による健康被害は起こらないかのように説明していますが、本当にそうなのでしょうか。事故後、心不全や心筋梗塞などの心血管系疾患が増えているとの報告があり、心肺停止も増えているようです。 

 医療現場を預かる医師から、実感を含めたお話をうかがいます。

とき 5月12日(日)13:30~15:30

ところ 若葉コミュニティルーム(若葉駅西口)

 主催:原発のない社会をめざす鶴ヶ島市民の会

澤田049-285-5230

石塚049-285-6244

チラシはこちら↓

放射能による健康被害の学習会
放射能による健康被...jpg
JPEGファイル 1.9 MB

内科医が考える放射能の健康への影響
 福島原発事故の収束の見通しが立っていません。今だに124000万ベクレルの放射能が大気中に放出されています。空間線量は下がってきましたが、健康への影響は無いのでしょうか。土壌汚染の現状はどうなのでしょうか。食品に含まれる放射能によって引き起こされる内部被曝をどう考えたらいいのでしょうか。
 子どもたちと私たちの健康を守っていくために、放射能の問題について考えていきましょう。
とき 5月16日(木)19:15~

ところ 子育て支援センターつめくさ
 主催:つめくさ会・職員会

チラシはこちら↓

内科医が考える放射能の健康への影響.pdf
PDFファイル 348.7 KB

お医者さんの目から見た放射線被害 3/23(土)講演会

 福島原発事故から2年が経ちますが、未だに放射能が撒き散らされています。今回、佐野厚生総合病院の先生から放射線の被害についてお話をして戴きますので、ぜひお誘い合わせてご参加下さい。

 

日時:3月23日(土)午後7時より

場所:足利市民プラザ 本館 3階 第5講習室 

講師:石塚 健 先生

    佐野厚生総合病院 内科 副部長

 

主催:放射線被害を考える会 

連絡先:山根 吉春(0284ー73-3095)